Choose Language:
Indonesian | English | Japan
» Home » Japan » 商品 »   Install(Central)
 

  Install(Central)

セントラル浄水器の設置について

1.施工の流れ

商品解説
  ↓
オーナー様への許可
  ↓
水質検査および浄水器設置場所確認
  ↓
水質検査結果説明およびお見積り提出
  ↓
浄水器設置お申し込み
  ↓
ビルマネジメントによる配管工事
  ↓
浄水器設置工事
  ↓
アフターサービス
 
 
2.オーナー様へのご確認事項

インドネシアの一般的なアパートメントは、天井裏に給水配管があります。
天井に一時的に穴をあけ、給水配管から浄水器までの分岐配管の追加が必要になります。

お部屋のオーナー様に以下をご連絡してください。
①浄水器の設置を希望すること。
②天井の穴あけ。工事後に若干の跡が残ることがあります。
③分岐配管工事。浄水器設置場所の壁に、配管が追加されます。
④退去時に、浄水器および分岐配管の撤去(原状回復)が必要かどうか。
* 配管はそのまま残しておいても、通常通り水の使用が可能です。
* 配管を残しておくと、次に入居される方が浄水器を設置する場合、配管工事が不要です。

なお、浄水器の撤去や移設、分岐配管の撤去には別途費用がかかります。
(費用の目安:浄水器の撤去 500,000IDR 分岐配管の撤去と現状復帰 2,000,000IDR)

3.浄水器の設置場所の確認

下記をご参考に、浄水器の設置場所を決めてください。
①近くに濡れては困るものがない場所をご選定ください。
②設置作業および設置後のメンテナンスの際、浄水器内部の水をホースで排出するため、
近くに排水ができる場所があるところを選んで下さい。
洗濯機置き場や、トイレに近い廊下、排水口のあるベランダの近くに設置されるケースが多いです。

4.工事中のご留意事項

工事中は、以下にご留意ください。

①工事前に作業担当者が設置場所の確認のために訪問させて頂くことがあります。

②工事が始まりましたら、設置場所付近には荷物や家具を置かれないようお願いします。
・天井の穴あけの際に、切りくずが落ちることがあります。
・近くの床や壁を濡らしてしまうことがあります。

③分岐配管の工事中は、全ての蛇口から水をお使いになれません。
(通常は、朝から夕方まで)

④工事完了直後は、配管から接着剤の臭いがすることがあります。
数日間で臭いはなくなりますが、換気をして頂くことをお薦めします。

5.水質検査

セントラル浄水器の設置に当たっては、13種類の水質検査を実施します。
主に水の濁りと色を調べ、浄水器のフィルター寿命を推定するのが目的です。
TW300を使うか、TW200を使うかはこの水質検査の結果をもって判断しております。
水質検査結果の送付には約1-2週間頂いております。
検査結果とともにディーラーからお見積書を発行させて頂きます。

6.マネジメントによる配管工事

現場検査後、 マネジメントによる配管工事を実施します。
作業はディーラーからマネジメントに依頼しますが、
日程調整が必要ですので、ご協力をお願いいたします。

7.ディーラーによる設置工事と水質検査

弊社のディーラーがご自宅へ伺い、浄水器の設置を行います。
設置場所が間違っていないかご確認ください。
設置場所によりますが、作業にかかる時間は約3時間です。
設置完了後は、通水検査、水質検査用のサンプル取得、使い方の説明、
保証書の受け渡しを行いまして、作業完了となります。
同時に請求書を手渡しもしくは後日郵送させて頂きます。
(請求書の対応はディーラーによります)
水質検査結果は1~2週間後に送付させて頂きますが、
生活水として使っていただく分には問題ありませんので、安心してお使いください。

8.アフターサービス

水の出が悪くなったり、水の色が気になったりしたら、フィルターが詰まってきている証拠です。
フィルターの交換が必要になりますので、弊社かディーラーまでお問い合わせください。
詳しくはメンテナンスのページでご確認ください。